EUSI -EU Studies institute-

EUSIは、日本においてEUに関する教育・研究・広報を行う拠点です

写真提供:欧州委員会

EUSI(EU Studies Institute in Tokyo)とは

一橋大学、慶應義塾大学、津田塾大学によるコンソーシアムで、EUに関する理解を深め、広めることを目的とした、教育・研究・広報拠点です。2009年から開始したEUSI は昨年度第一期を終え、2013年4月から第二期の活動に入りました。

What's New

Report

ごあいさつ

Prof. Eiji OGAWA
小川英治
一橋大学副学長
EUSI Governing Board
理事長
EU Study Institute in Tokyo (EUSI)は、欧州委員会からの財政的な支援を受けて、EUに関する教育、研究、アウトリーチの3つの活動を行うために結成された、一橋大学と慶應義塾大学と津田塾大学とのコンソーシアムです。EUSIは、2009年4月1日に開設され、上記の3つの活動の枠の中で様々な具体的な活動を行ってきました。それらの活動はすべて高く評価され、今後も益々それらの活動を活発化していきたいと考えております。
EU研究は、単にヨーロッパの地域研究にとどまらず、EUにおける政治統合や経済・通貨統合を研究するものです。政治、経済、通貨の面において、各国が統合することのメリットがある一方で、様々なチャレンジがあることも事実です。これら諸問題について、一つの学問分野にとどまらず、学問分野横断的に研究していくことが必要です。そして、その研究成果を教育するとともに、アウトリーチとして情報発信していくことが望まれています。EUSIはそれらをめざしています。
世界を見渡すと、EUにおける統合の動きを一部で追いかける動きが見られます。アジア太平洋地域におきましても、そのような動きが、とりわけ経済統合が民間レベルで事実上進展してきました。アジア通貨危機以降、地域通貨協力などに見られる動きもあります。このようなアジア太平洋地域において統合を議論するときに、EUの経験は極めて重要に参考となります。そういったことから、アジア太平洋地域で、欧州委員会の財政的な支援を受けたEUセンターが次々に設立されています。EUSIは、アジア太平洋地域における他のEUセンターと連携しながら、アジア太平洋地域におけるEU研究のハブとしての重要拠点となることを目指しています。
これらの目標を持ったEUSIに対して、皆様のご協力とご支援をお願いしたいと存じます。

大月 康弘
EUSI所長
一橋大学
経済学研究科教授
EU スタディーズ・インスティテュート(EU Studies Institute in Tokyo: EUSI)は、2008年12月から準備を進め、2009年4月1日に正式に開設されました。EUSIは、欧州委員会から財政支援を受けながら、一橋大学・慶應義塾大学・津田塾大学から成るコンソーシアムとして設立され、EUに関する教育・研究拠点として、また一般市民への広報活動、EUと日本の関係強化などを目的としています。
この間、EUでは、エストニアのユーロ圏への加入、リスボン条約の発効など、様々な動きがありました。EUSIにおいても、金融・財政危機に対するEUの対応、EUの東方への拡大、国際標準化におけるEUと日本の役割、等に関するシンポジウムを開催してきました。また、スカラーシップおよびインターンシップの奨学金制度の下で所属大学の大学院生を欧州に派遣するとともに、各大学におけるEU関連講義の拡充に努めてきました。
EUSIはこれからも、EUに関する教育を量的にも質的にも向上させ、EUに通じた若人の教育を行うとともに、多分野からの研究を推進し、一般の人々に対してEUについて、より幅広く、かつ正確な知識を普及することの手伝いができればと思っています。結果として、EUSIが、日本とEUおよびEU加盟国との交流と協力を促進する一助になれば幸いです。同時に、EUIJ関西、EUIJ早稲田、および新設されたEUIJ九州、さらにはアジア太平洋地域EUセンターとも連携を深め、日本におけるEUに関する教育・研究・広報の活動を積極的に推進して行きたいと思っています。
今後とも、皆様方のご支援とご協力を賜れば幸いです。