コラボレーション Collaboration

プログラム

2016.01.21-01.22 アジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショップ報告者募集

毎年1月から2月に行われるアジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショップ報告者募集のご案内が届いています。
今年度はタイのチュラロンコン大学ヨーロッパ研究センターによる主催で、2016年1月21日-22日にバンコクで開催されます。

アジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショップは、2010年に「日韓2+3」として日本と韓国のEUセンター5つが合同で大学院生による研究報告会を行ったのが始まりです。EUSIは第1回からこの枠組に参加しており、第1回はEUSIが主催機関として、2010年2月に慶應義塾大学にて開催しました (他の参加機関は、EUIJ関西、ソウル国立大学校KIEP-EUセンター、釜山国立大学校EUセンター、延世大学校SERI-EUセンター)。

その後毎年のように拡充し、2011年は台湾 (EUセンター台湾主催、国立台湾大学)、2012年は釜山 (釜山国立大学校EUセンター主催)、2013年は福岡 (EUIJ九州主催、九州大学)、2014年はメルボルン (ロイヤル・メルボルン工科大学 (RMIT) EUセンター主催)、2015年は済州島 (韓国・嶺南大学校EUセンター (YU-EU Centre) 主催) と、毎年アジア・太平洋のいずれかのEUセンターが主催し、同地域でEU研究を行う大学院生のための研究報告の機会が作られています。
最近は参加センターの数も増え、EUSIなど各EUセンターから2名、全部で30-40名ほどの大学院生が、このワークショップに参加しています。

大学院生にとっては、自らの研究の研鑽の機会になるのみならず、日本国内だけではなくアジア・太平洋 (韓国・中国・台湾・香港・シンガポール・豪州・NZなど) の同じような志を持つ大学院生と出会い、互いに学び合い研究上のネットワークを作る上でも非常に良い機会です。
なお報告する大学院生の渡航費はEUSIが負担し、宿泊費は主催機関 (チュラロンコン大学ヨーロッパ研究センター) が負担します。そのため、報告者の費用負担は現地での食費などを除いて実質的にありません。ぜひ多くの皆様による参加を願っています。

アジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショップ報告者募集

対象: EUSI傘下大学 (一橋・慶應・津田塾) 所属の大学院生 (修士課程・博士課程)
テーマ: EU研究に関するものであれば何でも可 (政治・経済・法・社会その他いずれも問いません)
報告: 英語

EUSI内募集期間: 2015年12月12日(土)
EUSI内募集:
1. 名前・所属大学院研究科・学年、
2. 報告タイトルと英文要旨 (100 Words程度) を、
info-eusi.jpと tanatoshieu-keio.jp (田中俊郎:EUSI理事・選考委員) までお送り下さい。
応募者多数の場合は2名を選抜し、12月15日(火)までにご本人に連絡します。

英文要旨の正式提出と登録: 2015年12月17日(木)まで (100 words程度)
報告ペーパー及びパワーポイント提出: 2016年1月10日(日)終日まで

ワークショップ前レセプション: 2016年1月20日(水)
ワークショップ(本番): 2016年1月21日(木)-22日(金)
ワークショップ会場: タイ・首都バンコク チェラロンコン大学 (バンコク市内中心部)
——-

過去のワークショップについてはこちら
第1回 (2010年2月: 於・慶應義塾大学) アジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショッププログラム
第1回 (2010年2月: 於・慶應義塾大学) アジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショップ開催後報告プレスリリース (英語)
第3回 (2012年2月: 於・釜山国立大学校) アジア・太平洋EUセンター大学院生ワークショップ参加報告 (EUSIメールマガジンVol.04)
過去のワークショップの様子(※写真をクリックすると拡大します)

108
第1回(2010年2月:於・慶應義塾大学)
064
第1回(2010年2月:於・慶應義塾大学)
Asian Workshop on the EU Study1
第2回(2011年2月:於・国立台湾大学)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第2回(2011年2月:於・国立台湾大学)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第3回(2012年2月:於・釜山国立大学校)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第3回(2012年2月:於・釜山国立大学校)