教育 Education

報告

2013.04.11 ザンクトペテルスブルグ大学 タチアナ・ロマノバ教授が一橋大学で講義

“Russian Foreign Policy: Key Ideas and Institutions”
Lecture by Prof. Tatiana Romanova, St. Petersburg State University at Hitotsubashi University
Thursday, 11 April, 2013, 16:20-17:50
Hitotsubashi University (Room 3503, 5th floor of Mercury Tower, East Campus)

ロシアのザンクトペテルスブルグ大学国際関係学部教授、タチアナ・ロマノバ先生をお招きし、ロシアの外交政策について講義をしていただきました。講義では、ロシア外交のカギとなる考え方と、制度的枠組みについての説明がなされ、学部生を中心に、29名が聴講しました。

一橋大学には、ロシア外交を幅広く勉強するための科目は存在しないため、本講義は、特に国際関係、外交史の研究を希望する学生にとって得難い機会となりました。

なお、ロマノバ教授は、この講義に先立って、一橋大学学長および国際交流担当副学長と面会し、ザンクトペテルスブルグ大学と一橋大学との間での、今後の交流の可能性について懇談いたしました。