アウトリーチ Outreach

カンファレンス・シンポジウム

2015.3.9 EUSI国際コンファレンス「ユーロの試練に抗して-欧州の治癒力と新たなEU学の展望-」

日時: 2015年3月9日(月) 9:10-18:10
場所: 津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス 津田ホール
言語: 英語 (同時通訳付き)
主催: EUSI
後援: 駐日欧州連合代表部

参加: 無料 (事前申し込みをお願いしますが、当日の受付も可能です)
1. 名前、2. 所属、を記入し、3月6日(金) までに、eメールでEUSI津田(国際センター)eusi@tsuda.ac.jpにお申し込み下さい。

ギリシア情勢をめぐり、ユーロ危機の再燃がマスコミで報じられています。
繰り返されるユーロとEUの危機について、どのように考えるべきなのか。
EUから研究者を招き、ギリシア危機をはじめとするEUの状況について考える
企画です。その際、ギリシア危機の実態を知ると同時に、EUがもつ治癒力・
回復力の可能性についても考えたいと思っています。
多くの方のご参加をお待ちしています。

09:10-09:20 歓迎挨拶 國枝マリ (津田塾大学学長)
09:20-09:30 開会挨拶 ヴィオレル・イスティチョアイア=ブドゥラ (駐日欧州連合大使)
09:30-09:45 基調講演 杉崎京太 (津田塾大学学芸学部教授)

09:50-10:30 特別講演「歴史から見た国際金融危機」
Youssef Cassis (Professor, Robert Schuman Centre for Advanced Studies, EUI)

10:45-12:30 第一セッション「New Challenges for the Euro-zone Today」
「ユーロ危機の最近の状況をめぐって」
報告 Zsolt Darvas (Senior Fellow, Bruegel)
討論 川崎健太郎 (東洋大学経営学部准教授)
「ギリシャ危機の現状」
報告 Panos Tsakloglou (Professor, Athens University of Economics and Business)
討論 神江沙蘭 (関西大学経済学部准教授)

14:00-15:45 第二セッション「Varieties of Economies and Their Resilience」
「アイルランドと欧州経済」
報告 Bernadette Andreosso-O’Callaghan (Professor, Jean Monnet Chair, Univ. of Limerick, Ireland)
討論 TBD
「ユーロ危機とドイツ経済」
報告 Werner Buhrer (Professor, Technische Universitat Munchen)
討論 網谷龍介 (津田塾大学学芸学部教授)

16:10-17:50 第三セッション ラウンドテーブル「Social Cohesion and its Resilience in Europe: Economic, Political and Social Dimensions」
「問題提起: EUにおける社会的結束と回復力をめぐって」
Henk Overbeek (Emeritus Professor, VU University Amsterdam)
コメント Zsolt Darvas (Senior Fellow, Bruegel)

17:50-18:10 閉会挨拶