ふたご座流星群2023大阪の見える方角やピーク時間は?観測スポット6つも!

ふたご座流星群2022大阪の見える方角やピーク時間は?観測スポット6つも!

三大流星群のひとつであり、その中でも最も流星数が多いふたご座流星群が、今年も12月中旬に観測できます。

澄んだ冬の空から、煌めく星がたくさん降りそそぐロマンチックな夜。

このような日は夜空を見上げながら、時間を忘れてゆっくりと過ごしてみたいものですね。

けれども、昼夜ともに明るく賑やかな大阪では、どの方角で見られるだろう?ピーク時間はいつ?と気になりませんか?

またキレイに見える観測スポットも6か所ご紹介しますので、参考にしてください。

この記事では、こちらについて詳しくまとめました。

  • ふたご座流星群2023大阪の見える方角
  • ふたご座流星群2023大阪で見えるピーク時間
  • ふたご座流星群2023大阪の観測スポット6つ

ぜひ最後までお読みいただき、今年のふたご座流星群を楽しむ際の参考にしてみてくださいね。

目次

ふたご座流星群2023大阪の見える方角は?

ふたご座流星群2023大阪の見える方角は、流星の数が多いため、実はどの方角からも見ることができるのです!

その名のとおり、放射点がふたご座付近に位置するふたご座流星群ですので、方角を気にせず見ていただけます。

方角よりも気にしておきたいことは、この2つ。

  • 空が広く見渡せる場所
  • 街明かりや月明かりを避けることができる場所

であること。

この条件を満たしていれば、お好きなところから観測できるはずです。

ぜひこれらを基準に、観測場所を選んでみてくださいね。

ふたご座流星群2023大阪のピーク時間

2023年のふたご座流星群のピーク時間は、12月14日夜から15日の明け方

この時間帯に空を見上げれば、1時間に40〜45個の流星を見ることができると予想されています。

ただし、今年は月齢(月の満ち欠け周期)で月が比較的明るい日と重なるため、真夜中を過ぎると、月明かりの影響から1時間あたりに見られる流星数が減ってしまう可能性も。

そのため、14日の夜半前(19〜23時)に観測することをおすすめいたします!

もしかすると、14日の夜はご都合が悪い方もいらっしゃるかもしれませんね。

残念ながら、流星群はピークを過ぎると減少の傾向に。観測日を変更される場合は、前日にそらすことをおすすめします。

13日の夜から14日の明け方でも、1時間に15個の流星を見ることができると予想されているので、十分に楽しむことができると思います。

ふたご座流星群2023大阪の観測スポット6つ!

先述の「空が広く見渡せること」、「街明かりや月明かりを避けることができること」を条件に、大阪でふたご座流星群が楽しめるスポットをご紹介いたします。

おすすめは、こちらの6つ。

  • 大阪府民の森 ちはや園地(南河内郡)
  • 和泉葛城山(岸和田市)
  • 箕面公園(箕面市)
  • 長居公園(大阪市)
  • 舞洲スポーツアイランド(大阪市)
  • 二色の浜公園(貝塚市)

それぞれ、シチュエーションに合わせて、詳しくご案内していきますね。

大阪府民の森 ちはや園地

まずは街明かりの影響を受けにくい、標高の高い場所からご紹介します!

大阪で一番高い金剛山(標高1,125m)にある、「ちはや園地」

道中でハイキングや、ドライブも楽しめるスポットです。

先に注意点からお伝えしますと、現在はロープウェイが休止中なので、金剛登山道にある駐車場に車を停めて70分の登山道を登る必要があります。

けれども街明かりから離れ、大阪で一番近くふたご座流星群を観測できる場所です!

日が明るいうちにハイキングで体を動かして、夜はご褒美に観測を楽しむのも、素敵ではありませんか?

ちはや園地にはキャンプ場がありますので、そちらに宿泊するのもいいですね。

夜の山道は足もとが見えづらく危ないので、下山の際は十分にご注意ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次